ii-旅.net ブログ

チャオ!イタリア!プラハに到着。

  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009082301.jpg
朝の3時半起床。
何故なら7時のウィーン行きの飛行機に乗るため、国際線のチェックイン時間の2時間前の5時に空港に到着する必要がある。
4時半に事前にホテルのフロントにお願いし、迎えに来てもらうことになっていたタクシーに乗り込み出発。
ホテルのあるフィレンツェSMN駅前から15分位で到着。空港はまだ開いていない。。。
ちょっと早かったようだが、しかたがない。

時間がきて空港が開いたので、入ったものの、まだカウンターはやっていない。

2009082302.jpg
カウンターはやっていないが、バッグのラッピングサービスはやっていた。
ラッピングサービスとはイタリアでは預けた荷物を空港職員が勝手に開けて中身を拝借することが多々あるようで、
バッグをそれこそサランラップをするようにビニールでグルグル巻きにして、開けれないようにするサービスだ。
9ユーロもする。たけー。しかも一瞬で終わるので、めちゃくちゃ効率が良い商売だ。
カウンターはやっておらず、身内の犯罪を防止する為の有料サービスは朝一でやっている。。
スゲーとしか言いようがない。

無事にチェックインを済ませ、フィレンツェを後にした。
イタリアには5日間のみの滞在だったが、自分なりに満足の行く滞在だったと思う。
チャオ!イタリア

2009082303.jpg
ウィーン国際空港に到着し、鉄道に乗るためにシャトルバスを探す。
ここからが今回の旅で難関と思われていたが、あっさりシャトルバスを見つけ搭乗。
ウィーン南駅へ向かう。








2009082304.jpg
ウィーン南駅に到着後、日本で買っておいたユーロシティのパス券の使用開始刻印(ヴァリデーション)をチケット売り場にて済ませる。










2009082305.jpgここまで想定時間より早く事を済ますことができたので、1本早いプラハ行きの便に乗り込んだ。


乗り込んだは良いが自分のチケットは席が決まっておらずどこに座ってよいかわからない。。。
同じ悩みを抱えている日本人旅行客と出会って、彼が外人から英語でいろいろ聞きだして、教えてもらった。


結局、空いてるところならば、どこでも良いって解釈をした。
僕らは6人がけのボックス席を占領。以後プラハまでの4時間半を快適に過ごすことに成功した。


プラハに到着後、地下鉄に乗ってホテルの近くまで移動。駅からホテルまで若干迷ったが、無事到着。


2009082306.jpg
今回とまるホテルは「ジ・アイアン・ゲート・ホテル・アンド・スイーツ」という5つ星ホテル。
今回の旅で一番奮発したホテルだ。
豪華なホテルではないが、1400年代に建てたれただけあり、情緒を感じる。
またホテルのスタッフも親切で聞いてもいないのにプラハの名所を地図を用いて説明してくれたり、
細かい気配りは満点だ。部屋の広さも申し分ないし、観光名所の旧市街広場まで歩いて3分位。
おまけにハヴェル市場までも3分程度。奮発したと言い張っているが値段も手頃。

かなり満足のいくホテルだ。

少し休憩してから街をぶらぶらしました。
プラハは小さい街なので、ちょっと歩いたら、すぐ名所がある。

またフィレンツェ、ミラノと比べて、街に活気があった。
物価は日本とかわらないもしくは若干高めだけど、個人的には結構好みの街だ。

2009082307.jpg
写真は日本でも人気のサンドウィッチチェーン店「SUBWAY」の宣伝カー。旧車を改造していてかっこ良い。











2009082308.jpg
名所の火薬塔をくぐって「LARY&FARY」というレストランで食事。
パスタはまずいが、鶏肉の料理はおいしかった。
値段は2人で5千円前後。
明日は一日、観光予定。イタリアみたいにパツンパツンのスケジュールではない。
ノンビリ観光ができる。
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Twitterでつぶやく

モバイルサイト

QRコード
http://www.ii-tavi.net/m/

agoda