ii-旅.net ブログ

ミラノ市内観光

  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※ミラノのホテルは無料でインターネットがつながらなかったので、フィレンツェにてこのブログを更新しています。少しづつ更新していきます。。

ヨーロッパに到着して2日目。
本日は市内観光に行きました!


最初の目的地は「最後の晩餐」を見ることができる「サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会」。


宿泊先のスターホテルアンダーソンの近くにある地下鉄の駅「Centrale FS」~「CADORNA FNM」まで移動。
地下鉄の切符は自動販売機が英語で購入可能だった為、簡単に買えた。


2009081901.JPG
「CADORNA FNM」からは徒歩。日本で購入した観光MAPを見ながら移動したが、若干迷って何故か「サンタンブロージョ教会」についた。
まだ時間があったのでそのまま教会を観光。













2009081902.JPG
ガイドマップによると築800位らしい。
ヴォルヴィーニオって人が手掛けた祭壇があり、かなり美しい。
ガイドマップでは押している観光スポットではないが、
ミラノは他に見る場所が少ないのでアリ?なのでは。






2009081903.JPGそのまま「サンタンブロージョ教会」から「サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会」までは徒歩で移動。
到着後に発券所にて「最後の晩餐」のチケットを発券。※事前に予約が必要→予約方法

時間まで教会内を観光。「最後の晩餐」だけでなく、教会内も絵画、彫刻、盛りだくさんで見るべきものはある。
予約時間になったので、かなり厳重なセキュリティの中、いよいよご対面。




2009081904.JPG
残念ながらカメラ撮影は禁止(当たり前か・・・)。
あまり芸術には長けている方ではないが、素人目から見てもよくできた壁画だということがわかる。
最後の晩餐の反対側の壁には「キリスト」が磔になった壁画もあり、こちらはぜんぜんタッチが違うが、迫力があった。
15分ほど鑑賞後、次の目的地「スフォルツェスコ城」へ移動。





2009081905.JPG「スフォルツェスコ城」はとにかく広い。
門の前に噴水があるのだが、暑いせいか老若男女みんな足を浸けている。中には体ごと浸かっているおっさんも・・・。日本でやってたら白い目でみられますね。

夏、お国柄を感じさせてもらいました。
ちなみに噴水の周りには黒い肌の人が「変な紐」を売ろうとしていました。あんなの誰が買うんだ??



2009081906.JPG
あと何故か中国人のウエディングドレスを着たカップルが複数いた。
撮影を行っていたので、おそらく海外ウェディングの招致パンフレットでも作っていたのかな?









2009081907.JPGつづいて歩いて「スカラ座」へ。
中に入ることができなかったので、なんとなく歴史を感じて、
「ヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア」があるショッピングモールのアーケードに移動。
天井が高くきれいだな~っと見とれてしまうほど。







2009081908.JPGマクドナルドがど真ん中にあるんだけど、真っ赤な看板は無し。景観を損ねないようにしていました。
また、ガッレリアに足を乗っけてくるくる回ると幸せになるという伝説があるので挑戦。

特に「くるくる回り」順番があるわけでなく、なんとなくのタイミングでみんな勝手に行える。
僕らのほかに日本人がいて、ここでもお国柄が出ており、なかなか入れないでウズウズしてました。
日本人は外人に弱いね。僕はなんとなくこういうのができる人なので、なんともないが・・・。



2009081909.JPG
アーケードをぬけたら「ドゥオモ」に到着。
はっきり言って「圧倒」された。
でかさ、細部のきめ細かさ、ステンドグラス。
500年かけて作っただけのことはある。

内部に入る際に警備員に服装に軽く文句(タンクトップ、短パン)を言われ、入れてもらえなかったが、
モジモジしていたら何故か中に入れてもらえた。
内部はカメラ撮影禁止のはずなのだが、みんな「ガンガン」撮影していた。もちろん僕も。


ここでは8ユーロ払ってエレベーターで上に昇ってミラノを見渡すことができる。

また、正面では平和の象徴「鳩」で稼いでいる奴がいるので要注意。



その後「モンテ・ナポレオーネ通り」周辺へ移動。いわずと知れたブランド街である。
折角だから何か買おうと思って、ラルローレンに入るが目が飛び出るほど無駄に高いセーターを発見して意気消沈。

しぶしぶ日本でもおなじみの「H&M」に入った。
日本ほど活気は無く、実は地元では飽きられているのかな?それとも日本が異常なのかな?
結局売っているものが物、値段、共に大差が無く、欲しい物が無かったので退散した。

このあたりでは突然おっさんに、絵を手渡され買わされそうになる
アホのフリしてただでもらおうとするも失敗無念。。。

2009081910.JPG
「モンテ・ナポレオーネ通り」付近の植木の鉢は必見。軽自動車くらいの大きさで自動車の形をしている!















夕飯は「ドゥオモ」付近で食事。日本語のメニューがあってありがたがったがパスタ、ピザを食べるも昨日に引き続きうまくはない。店選びが悪いのかな?


はっきり言ってミラノはブランド街含めて「ドゥオモ」以外は寂びれてる印象を持った。
僕らはミラノ中央駅周辺のホテルに泊まったが、賑やかが好みの方には「ドゥオモ」周辺に泊まることをお勧めする。



さぁ、明日は何しようか。
観光地はあらかた行ったし、ショッピングは興味ない。
僕にとってミラノは1日で満足できる良い街だね。

  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Twitterでつぶやく

モバイルサイト

QRコード
http://www.ii-tavi.net/m/

agoda